HOME  >  新着情報  >  お知らせ   >  食中毒事故に関するご報告とお詫び

この度、当法人「ブルースカイ」(諫早市)にて11月19日(金)に製造したお昼の弁当を原因とするノロウィルスによる食中毒が発生いたしました。これにより、本日、県央保健所より2日間の営業停止処分を受けました。体調不良が生じておられるお客様とそのご家族の方々には多大なる苦痛とご迷惑をおかけしましたことを心より深くお詫び申し上げます。また、多くのお客様、関係者の皆様にご心配、ご迷惑、ご不便をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げます。以下に、現時点での状況をご報告いたします。
 なお、体調不良のお申し出がありましたお客様には、現在、誠心誠意対応させていただいております。

 

1.経緯

11月20日(土)~21日(日)に当法人の利用者・職員複数に嘔吐・下痢等の症状が出現。11月19日(金)に「ブルースカイ」が提供したお昼の弁当を食べていたことが共通であったために保健所に連絡。調査に協力するとともに、「ブルースカイ」の営業を自主停止。

11月25日(木)営業停止の行政処分。

 

保健所の調査によりますと当事業所従業員6名および有症の喫食者14名からノロウィルスGⅡを検出したとのことです。嘔吐・下痢等の症状がある方々は、幸い、比較的軽症で、回復に向かわれております。

 

2.対象工場と処分の内容について
 ①対象工場 :就労継続支援A型事業所「ブルースカイ」(諫早市)
 ②所轄保健所:長崎県県央保健所
 ③処分内容 :営業停止 令和3年11月25日から令和3年11月26日までの2日間
 ④処分理由 :食品衛生法第6条第3号違反
 ⑤病因物質 :ノロウィルスGⅡ
 ⑥原因食品 :現在調査中

 

3.営業停止中の対応について
 「ブルースカイ」とご契約をいただいております方々には個別にご連絡させていただきます。

 

4.再発防止について

法人では、長崎HACCP(ハサップ)8を取得し、衛生管理を徹底してまいりましたが、この度、このような事態を招いてしまいました。このことを厳粛かつ重大に受け止め、保健所と連携を密に取り本件発生原因の特定に取り組みます。また、すでに、専門業者による施設・設備・調理器具の清掃、洗浄、消毒を徹底的に行いました。その上で調理マニュアルの再点検、HACCPに沿った衛生管理体制の再点検、従業員の健康状態確認の徹底など、今まで以上に最大限の再発防止策を講じる所存です。

 

5.お問い合わせ先について
事業サポート本部 担当:船木・本田/電話番号:0957-24-3600(10時~17時)

 

令和3年11月25日

社会福祉法人 南高愛隣会

理事長 田島 光浩

To Top