HOME  >  採用情報  >  職員の声

南高愛隣会で働く先輩職員より

相談支援

職員1画像
 中島 沙織
 採用:2008年
 資格:社会福祉士、介護福祉士


◆私が南高愛隣会を選んだ理由
大学の先生から紹介され入職しました。明確な社会人像がなかった在学時の私にとって、障がい分野の知識・経験は、ほぼ皆無でしたが、「どうなっているんだろう」「あれも知りたい、勉強したい」など、毎日多くのことを学ぶことによって、私の漠然とした気持ちが「ここで働き続けたい」と変化するようになりました。
 
◆仕事の魅力
利用者さんの生活・就労に関して、方向性が見えた時、「ありがとう、助かったよ」と声をかけて頂けるとほっとします。また、「また来てもいいですか」「何かあれば、あなたに電話するね」と、相談支援事業所を頼りにしてくださるところは自分の働く原動力になっています。
 
◆就活生へのメッセージ
皆さんが「障がい分野で働きたい」という思いがあるのならば、この法人はあなたの「障がい分野で働いてみたい」を「障がい分野で働き続けたい」に変えさせてくれる場所だと思っています。

放課後デイサービス支援

職員画像3
 森内 結衣
 採用:2013年
 資格:社会福祉士/保育士


◆私が南高愛隣会を選んだ理由
大学在学時のゼミで南高愛隣会の利用者満足度アンケートに関わったことと、利用者さんが地域で楽しく生活している姿を見て仕事として携わりたいと思いました。また、様々なサービス事業を展開している法人なので福祉を幅広く学べるとも思い希望しました。
 
◆仕事の魅力
児童福祉を専攻していたので子どもさんの支援に携わる事にてやりがいを感じます。興味を持って様々な経験ができるようメニューを考え、子どもや親御さんの笑顔が見れた時が1番嬉しく感じます。造形や運動遊びなどの場で私が元気と癒しを頂いています。
 
◆就活生へのメッセージ
様々な取組みをしている法人です。そのため、自分のしたいことが見つかる法人でもあり、バックアップもしっかりしています。一緒に働く職員の方も、志が高く温かい方で安心して仕事ができます。一緒に、仕事ができるのを楽しみに待ってます。

生活支援

職員画像6
 池上 円香
 採用:2013年
 資格:社会福祉士、精神保健福祉士


◆私が南高愛隣会を選んだ理由
実習などで、障がいのある方々が地域で生き生きと生活している姿を見る一方で「早く家に帰りたい」と願う声を聴くことがありました。 「ふつうの場所でふつうの暮らし」という当法人の理念に共感し、その実現のために当法人の一員として貢献したいと強く思い志望致しました。
 
◆仕事の魅力
利用者様のニーズの実現に向けて一緒に考え挑戦し、成長した瞬間に立ち会い共に喜びを分かち合える仕事です。支援員の関わり方や支援方法一つで利用者様が見せる姿も多様に変わることもあり、責任ある仕事を任されていることへの使命感とやりがいを感じています。
 
◆就活生へのメッセージ
内部・外部研修への取り組みも充実しており、働きながら自分自身の専門性を高め利用者様だけでなく職員自身も成長することのできる職場です。

To Top