HOME  >  サービス案内  >  医療支援

訪問看護事業

「私たちは不必要な入院・入所を避け、地域で暮らすことを
 支えます。」
訪問看護主に重度の精神障がいの方の居宅において看護師等が健康チェック必要な医療補助を行い、日常生活、就労支援をサポートします。
 
 
 
 
 

医療と福祉の連携 ACTプログラム

AI_act 2011年4月から、重い精神障がいのある方を地域で支えるACTプログラムを行っています。
「ACT(Assertive Community Treatment)」とは、1970年代にアメリカで始まったケアマネジメントの手法の一つで、日本では「包括型地域支援プログラム」と呼ばれています。精神科医・看護師・作業療法士・精神保健福祉士等からなる多職種チームが24時間体制で利用者が生活する場に訪問し、医療支援、生活支援、就労支援、家族支援等、多彩なサービスを提供するとともに、福祉事業所等地域資源とつなぐ支援も行います。「訪問看護ステーションきらり」、「ひかり診療所」(関連団体)、福祉事業所をはじめとする地域の社会資源が連携し多職種チームとして、精神障がいのある方が自ら望む生活を
実現できるよう地域生活を支えます。

訪問看護事業所

●県央地区
  訪問看護ステーションきらり 

To Top